トマト丸 北へ!

本と映画、日々の雑感、そしてすべての気の弱い人たちへのエールを

『エアガール』、なぜ坂口健太郎と広瀬すずは結ばれないのっ!(3カ月遅れの、見た人しか分からない感想です)

春に録画しておいた『エアガール』をやっと見る。

前半はすごく面白かったけれど、後半だれてきて、正直に感想を口にした連れ合いとけんかになる。私も内心ちょっと退屈してきていたので、指摘されてむっとしたのだ。

前半はすごく面白い。「日本の空を取り戻そう」と奔走する松木吉岡秀隆)たちの血のにじむような努力、広瀬すず演じる初代エアガール佐野小鞠が空へのあこがれへ向けてまっすぐに突き進む爽快なドラマ、とても見ごたえがあった。昔の男たちは敗戦という非情な状況にありながらGHQにも勇気を持って物申す気概があったんだなと心が震える。それに比べて今の政治家、実業家って、どうなの? と思ったりもした。

広瀬すずもめっちゃ可愛くて、明るくて、良かった。白洲次郎と談判決裂し、いったんは席を蹴って帰ろうとした松木がすずの笑顔に冷静さを取り戻す場面も良かった。こういうこと、あると思う。希望と無垢な信頼が人を動かすこと、あると思う。広瀬すずに応援されたら、誰だって頑張れるのでは。

でも、その後が… 正直ちょっと退屈した。それでも見続けたのは、坂口健太郎広瀬すずが結ばれる場面を見たかったからである。しかし現代の場面で、広瀬すずが二役を演じる孫娘と老紳士橋爪功さんの会話が進むにつれて、だんだんと怪しくなってきた。もうこれはいかん、と思い、かなり飛ばして見たので詳しい事情は分からないが、二人は破局したのである。「二度と会うことはなかったのです」。

これは史実を材料にしているとは言えフィクションなのに、なぜ二人が結ばれないのか理由が分からない。ドラマは娯楽なんだから、喜ばしてほしかった。「美しい青春の思い出? けっ!」という感じ。

坂口健太郎、いつもながら超カッコよかった。それが後年橋爪さん? 映画『キッチン』のときからの橋爪ファンではありますが、どんなに年とっても坂口健太郎が橋爪さんにはならないと思う。

クリーニング代金、Tシャツがワイシャツより高いわけ

クリーニング店の店頭でTシャツの代金を尋ねたところ、「500円」と言われて驚いた。「ワイシャツよりTシャツのほうが高いの?」と驚くと、意味が分からないようで、黙って私をにらんでいる。

「ワイシャツは100円くらいでしょう」

「180円です!」

「そう。とにかくワイシャツに比べてTシャツの500円のほうが高いよね。どうしてかな」

「Tシャツとワイシャツはぜんぜん違います!」

と怒った口調で店員さん。

「Tシャツとワイシャツが別物だと言うことは分かってます。値段の違いがちょっと不思議だっただけ」

無言でにらみつける店員さん。聞き方が悪かったのか、値段設定に文句を言われていると思ったみたいだった。

いつの間にか私の後ろにおっちゃんが並んでいて、そのおっちゃんも私をにらんでいる。「はやくしろよー」と顔に書いてある。

変なおばさん扱いされてしまった。

帰ってネットで調べると、ワイシャツの方がずっと数が多く、大量にまとめて洗濯できるし、アイロンもプレスだから安くできるということらしい。普通のTシャツだったら家で洗濯。おしゃれな生地のものとか大切なお気に入りのものはクリーニングに出した方が良い、とある。なっとく。

カフェミエンティ

f:id:tomatomaru4gou:20210603155546j:plain

f:id:tomatomaru4gou:20210603155614j:plain

京成稲毛駅側のカフェミエンティ。こじんまりとした落ち着く空間だった。

テーブル席が3つ、カウンター席が6つ。コロナの時代なので間隔をあけつつ、常連らしき人たちが席についていた。そして女主人のあたらずさわらずほどの良い接客。

最初にベリーソーダロコモコを注文。

f:id:tomatomaru4gou:20210603160105j:plain

f:id:tomatomaru4gou:20210603160125j:plain

これがうまい。ロコモコのソースがほんのり甘く、こくがあってご飯にからめるととてもおいしい。ベリーソーダはコップの底に果肉が溜まっていて混ぜていただくのだ。ほどの良い甘さ、ほどの良いソーダ感。

食後にフルーツタルトとコーヒー。プリンっぽいカスタードソースたっぷりのタルトがほんとにおいしかった。コーヒーも一杯ずつ、都度淹れてくれるのだ。

いぢめはほんとにいけないと思う今日この頃の実感

炒め物をした後ガス台をキッチンタオルで拭く。30秒もかからない。

こんなことがなぜ以前は出来なかったのだろうとふしぎだ。でも、出来なかった。目の前の小さな作業が出来ない。一日中じっとすくんでいる。本も読めない。音楽も聞けない。たまに元気が出て色々片付けるけれど、その元気はすぐにしぼんでしまう。こんな状態が長く続いて、私はだめな人間だと内外共に刷り込まれてきた。エネルギーが枯渇していたみたいだ。

引っ越して、一気にラクになった。ほかの人と比べればまだまだかも知れないが、体重が半分になった気がする。月世界にいるとこんな感じ?

人のせいにして恐縮だけれど、前の町会の意地悪な人たちと離れたせいだと思う。よってたかって他人をあげつらう。へこたれていると叩き、元気にしていると抑え込もうとする。暴言を吐く。暴言を支持する。セクハラ、パワハラを浴びせかける。

あの人たち、法律には違反していないかもしれないが、それどころかボランティアなどもして「いい人」として通っているが、いや、だからこそ許せない気がする。ほんとうに良くないと思う。

繰り返し思い出し、ひどいと思い、自分の不甲斐なさに打ちのめされる。

わざわざ仕返しに行く気もしないし、その方法も分からないし、そのパワーもないけれど、ほんとに理不尽だと思う。

原因と結果の法則って、ほんとなのかな。実感として、自分的にはけっこうすぐに報いを受けてる気もする。でも、私をいじめた人たちは、けっこう栄えている。多少は不幸な目にも合っているが、ぜんぜん応えていないように見える。つまりは自分のことも他人の苦しみもあまり感じない人たちなのかも。鈍感さは幸福感と強く結びついているのかも。

もちろん他人のことは分からない。彼らがきっと私が苦しんでいるなどとは全然慮っていないように、私も彼らの内面など分かっていないのだ。私が私なりに一生懸命生きているように、彼らもまた、すべて良かれと思って一生懸命なのだろう。しかしそれも、ほんとのところは分からない。

つまりは考えても無駄だということだと思う。むしろ思い出して苦しむだけ自分が損なのだ。

できることは今に集中することと、もうなるべくそういう目に合わないよう自分が強くなることだけだ。自分がそういうことをしない、できれば人を助けることができるように、なりたい。

いぢめも、それを見過ごすことも、ほんとによくない。目に見えて肉体を傷つける行為は犯罪になるけれど、精神的な攻撃はやり放題。悪いことをしたとも思わない人々が、いる。だけどやられるほうはほんとに苦しみ、人格を傷つけられているのだ。

さて、何かされた時それを恨みに思っただけでも「自分の」罪になるとどこかに書かれていた。それを恨めば、ひどいことをした当人よりも被害者のほうが悪いカルマを負う、とある。別の説では、悪いことをした人は必ず自分にそれが返ってくるから、仕返しなど考える必要はないと説く。これも、どうなのか分からない。

やはり、考えてもむだだということだと思う。「神の石臼が回るのは遅い」というように、仮に報いがあったとしてもサクサクと実現するわけではないから見届けるのは不可能に近い。神に代わって実行できたとしてもそれが正しいかどうか分からないし、けっしていい気分にはならない。

すんだことはどうしようもないということ。これからはもう、そういうことをさせないように自分が出来るだけ強くなるしかない。自分はしないし、されている人には手を差し伸べることができるように。

でも、自分がされて、いぢめは良くないと骨身にしみて分かったのは良かった。そういう醜い行為はある程度無知と想像力の欠如から来ているのだから。

辛い目に会った私は、そうでない時よりかは物事が理解できるようになり、想像力も深くなった(自分比だが)。だからその前よりも良い人間になり、幸福に生きられる(自分比です)。良い人間は不幸にはならないのだから。そうか、幸せを感じられることが幸せなんだな。

とりとめもないけれど、こんなことを考えました。

f:id:tomatomaru4gou:20210603145308j:plain

 

5月のまとめ

f:id:tomatomaru4gou:20210601112033j:plain

5月が終わった。

ホノルルコーヒーの奥の席でストロベリーパンケーキとLサイズのアイスコーヒーをテーブルに置いて、このひと月を振り返る。

「習慣化」は全体的にマンネリ化してきた。

日記は書くだけで嬉しかった時期を越え、だんだんと義務のようになってきた。

①特に「放(嫌だったこと)」の日記が記述困難。忘れてしまうのだ。どうでも良くなるというのでもなく、単に忘れてしまう。ちょっとした言葉の端々とか、「ん?」で「ふっ」となる。翌日にはもうなんで腹立ったのか、腹立ったことがあったのかどうかさえ分からなくなっている。「放」の項目が満たせない。しかし、わざわざ時間をかけて嫌な記憶を掘り起こす必要があるのかどうか。とは言え、そうやって闇に葬られた嫌な記憶が完全には消えないことも事実だ。かすかでも、うすぼんやりとであっても、確実に溜まっていく。私には、毎日解消しておくことが必要なのだ。

出来るだけ都度解消することにしようと思う。手帳にちょっと書いておく。気持ちも、受け止めておく。翌日見返してもういいかと思ったら、破り捨てればいいのだ。

②ウォーキングは、続いている。なぜか連れ合いも歩き始めた。歩くのが遅い。すぐに帰ろうと言う。気になる匂いにいちいち立ち止まる犬のマルと連れ合いと、左右の足におもりがついたようで捗らない。一人散歩の時間も確保しようと思う。家族との散歩はウォーキングとは別。ウォーキングはソロで行こう。

③毎日ブログ更新

 これが唯一調子よく続いているものだ。一日2回更新することもある。アクセス数も増えてきた。自分比だが、今までの十倍くらいアクセスが来ている。それでもほんとに少ない。読者も、もともと少ないのに貴重なひとりが減ってしまった。

 ここで色気を出さないようにしたいと思う。「こんなこと書いたら引かれるかも」「さらに読者が減るのでは」と書くのが怖くなるのだ。人気者が踏み込んだ発言を避ける理由が分かる気がする。でも、それでは「好きなことを、好きなように書く」ではなくなるから、それは止めよう。(でもでも、読んでくださる少数の方には、ほんとに感謝です。きっと、いいこといっぱいありますよ!)

④⑤15分片付け、15分掃除

 これがなおざり。15分が30秒くらいになっている。ニトリのお掃除クロスを買ってこようかな。アイテムで気を上げよう。

本は10冊読んだ。良かったのは『ノマド』『サピエンス全史』『俳人風狂伝』など。映画(ビデオ)は2本。『めがね』と『ホリデイ』。まだ感想をまとめてないものもいくつかある。

ダイエットも停滞気味だ。最終的に4月の時点より200グラム増えてしまった。でもこの方法は間違っていないと確信している。

5月に新しく始めたのはハイドロキノンを試すことだ。少し薄くなった気もするが、気のせいかも、という程度。でも、一本使い切るまでがんばる。

5月を振り返って、「だれてきた」「後悔行動が多い」の2点に気づいた。しかし、へたらずに続けて来れているのは私にしては上出来だ。よくやったと思う。

だれる原因は休みを取らないことかもしれない。「毎日が日曜日」的な生活なのに「月月火火木金金」と家事は休めない。自分の仕事(利益ゼロでも仕事と思っている)もつい欲張ってやってしまう。疲れて、灰色の日々が地平まで続いている気分になってしまう。

週一で、一日休みを取ろう。今月は水曜日。ソロのお休みだ。(連れ合いが一緒だと付き合い感が抜けないから)今回のホノルルコーヒーは良かった。こういう時間を決めて取ろうと思う。曜日を決めることは意外にだいじかも知れない。

6月は水曜日にソロ活だ。そして新しい習慣化は⑥毎日5ページ書く

 

 

『人は誰でも作家になれる』を読んでブログを始めて良かったと思った

 

 

へたった時、ぬるぬるしてる時、溶けたコールタールの道を歩いているような気分の時、私は中谷さんの本を読む。とても親切で明るい内容の本ばかりで、気分が上がるからだ。今回も、自分のために、好きなことを、好きなように書く、と決めた私にプリっと元気をつけてくれた。

この本を読んで私の中で決めたこと。

①最初の一冊を今年中に出す。(自費出版か、手作りで)

②5年で100本書き上げる。(短いものでOKとする。俳句は別)

③あらすじより、文法より、書く気分を大事にする。短くても、とにかく一気にエンドマークまで書き上げる。

④書き直すのが仕事。声に出して読む、言いたいことを1つに絞る、見えるように書く、の3つを心がける。(これは俳句も同じだと思った。今までほとんどの俳句が思いつきの段階で終わっていた。これからは俳句も、よく揉んで行こう。)

⑤1行でも書く。そして次に書くまでの時間を24時間以上開けない。

「作家とは貧乏してもやりたい人の道楽」だと書かれていた。「儲からない」と(特に私は)いう覚悟が必要。私の場合、ハウスキーピングが生業、書くことが道楽ということになるのだろう。これから生業がちょっと大変になってくるかもしれないが、だからこそ、書くことにすがって生きていくのだと思う。

でも、年を取って、まだ生きていて、良かった。やっとだめな自分と向き合い、受け入れることが出来るようになったのだ。書くことが捨てられないなら、それにすがって生きていくのもアリだ。才能もないのに臆面もなく書くことが恥ずかしかったが、捨てられないならそれを拠り所にして何が悪いのだろう。年を取って面の皮が厚くなってきたのかもしれないが、ブログを書いているうちにこういう気持ちが自然と湧いてきたのだ。良かったかも。

 

反撃できない人を大勢で非難するのはいじめだと思う

人間を分ける方法はいろいろある。朝はご飯を食べるかパンなどそれ以外のものを食べるか、楽観的か悲観的か、スポーツ好きかそうでないか、などなど。で、非難されやすい人とそうでない人、という分類もできる。

世の中には何かと非難されやすい人もいるが、あまり人の口の端に登らない人もいる。同じことをしても、弱い立場の人の方が非難されやすいように思う。社会的な立場の強さや好かれているがどうか、強い味方がいるかどうか、などが要因となって非難されやすさが決まるのではないか。

反論や反撃をしたくても出来ない場合も非難されやすくなると思う。その非難は妥当でないこともあるが、何にせよいったん「非難される側」に回ってしまうと長期間逃れることが難しい場合がある。

早く言えば「弱い者いじめ」だ。言ってる側は正義と思っているかも分からないが、当たっているかどうかは別にして、一方的にしかも多勢に無勢で言い募るのは酷い。言われる側の気持になってみればすぐに理不尽さが分かることだ。

世の中にひとりも自分の立場に立ってくれる人がいないということは、人を絶望させると思う。絶望していても、あるいは絶望していることが分からずに、攻撃は続けられる。強者が自分の利害から攻撃することもあるが、同じ弱者が日頃の鬱憤を晴らすためにやり返してくる心配の無い相手を攻撃し続けることもあるだろう。どちらにしても酷いことだ。

その反面、当然批判を受けて良い人が見過ごされることも多い。強い立場の人は、利害の絡む人から援護してもらえることも多い(だから強いのだが)。また、キャラであまり追及されない人もいる。一度の浮気で総スカンを食う人もいれば、繰り返しても笑いで見過ごされる人もいる。

言いたいことは、世の中は理不尽だということだ。『サピエンス全史』にあった言葉だが、「歴史に正義は無い」。よく、自分が救われたり成功したりしたとき「やっぱり神様はいる」とか言う人がいるが、神がいたとしても大変に不公平であることは自明のことだ。いじめに快感を感じる人も、存在する。悪口を言うと嫌われるという意見もあるが、悪口を言わないタイプのごく少数の人たちからは嫌われるかもしれないが、言う人が強ければ容認されるものだ。というか、ワルクチって、みんな好きだよね。言われる側は死ぬほど辛くても、言う方は容赦ないし、楽しんでさえいる。

世の中の理不尽さは無くならない。出来るのは、自分が負けないことと、自分がそれをしないこと、可能なら弱い立場の人に代わって発言すること、この3つだと思う。

ただ、弱い立場の人に代わって発言するのは難しい。へたな擁護が新たな攻撃を誘発してしまうこともあるからだ。それでも勇気を持つべきだ。賢さと覚悟のいることだけれど。