トマト丸 北へ!

本と映画、日々の雑感、そしてすべての気の弱い人たちへのエールを

私の小確幸

お風呂の蓋の上に入浴セットを置いて、桜の入浴剤を入れたぬるめのお湯に浸かる。

入浴セットは、ノートとボールペン、パック、コーヒーのカップ、数冊の本。

土曜夜のドラマ「アリバイ崩し承ります」のヒロイン同様、これが私の小確幸。違いは甘味がないことと、浸かっている人物だけだ。

コーヒーを飲み、本を読み、心に浮かぶよしなしごとを書き留める。窓からは日の光とさわやかな風が。至福のひと時だ。

今日考えたことは、ばななさんの本にあった、弱っている人を「羽衣をかけるようにふわっと」温かい思いで包むことのできるひとになりたい、ということ。無理に人にやさしくしようと努めなくても、自分の心のバランスがとれていれば自然に出来ることなのかもという気がする。