トマト丸 北へ!

本と映画、日々の雑感、そしてすべての気の弱い人たちへのエールを

マスクって誰でも作れると思う~各戸にマスク2枚送付のニュースを見て

まだ「新型コロナ」のニュースが耳新しいころ、スーパーで布製のマスクが一人一枚ずつ買える朝があった。なんとなく購入。一枚という枚数制限から、「マスク払底するかも」という不安が湧いた。

さて、帰宅した私はそのマスクのパッケージを開けて、つらつらと眺めた。

ガーゼの布が2、3枚重ねになって両端に耳に架ける紐がついているという、ごく簡単な構造だ。

これって、並んでまで買うほどのものじゃないじゃん。

布と針と糸があれば、誰でも出来る。小学校の家庭科で運針くらいは習ったはず。紐がなければ輪ゴムとか、いくらでも代用出来るものがあるし、布もなければ古いTシャツでもかまわないと思う。べつにガーゼでなくても窒息したりすることはないだろう。

端切れがあったので、自分の顔の大きさに合わせて形を作り、針仕事は苦手なので布ボンドで張り合わせ、有り合わせの紐をつけた。しかしこれは着用すると布ボンドの成分を吸い込んでしまい気分が悪くなる。

ミシンが無いので、ボンドがだめなら手縫いだ。家庭科の先生が激怒なさったくらい運針の下手な私だが、マスクは直線でちくちく縫うだけである。

2、3枚作って順次洗って日に干して使っている。5,6枚あった使い捨てのマスクは非常用に温存している。だから、マスクについての不安は無いのだ。

おしゃれだと褒められるかと思ったが、誰も私のマスクについてふれて来ないところを見ると見た所ヘンなのかも。でも非常時だから平気。効能も、ガーゼのマスクや不織布のマスクに劣るとは思えない。

私が考えるくらいのことはみんな考えて、出来る人は作って、知人にあげたり、していると思う。他にもいろいろ工夫は出来る筈。バンダナで顔の下半分を覆うだけでも、ある程度効果はあるのではないか。

マスクを送るより、「簡単なマスクの作り方」をテレビで放送すればいいのにと思う。今でも時々放送されているが、もっと大々的に。

もちろん国内でマスクをもっと生産して流通させてほしい。医療の現場では使い捨てマスクが必要だ。

でも、一般の人たちはなんとか出来そうな気がする。

ミシンと時間のある人たちに依頼して、マスクを作ってもらってもいい。布マスクなら、一人5枚もあれば洗い替えも含めて十分だと思う。