トマト丸 北へ!

本と映画、日々の雑感、そしてすべての気の弱い人たちへのエールを

#もういらないだろ自民党がトレンドワード入り

 

ほんとに自民党への不満、いろいろある。

熟年ミーハーの私がそう思ってるということは、世の中にかなりの数、アンチ自民が存在するということ。

でも、私は、いらないと思ってはいない。安定した生活のために、自民党に頑張ってほしいと願っているのだ。

コロナ対策で水際立った手腕を見せたわけではないけれど、これから始まるワクチンの接種、やっぱり自民党がやってくれたほうが安心できる。戦後の発展や昨今でさえ失業率が低く、なんとかみな生活できていること、安定政権のおかげではないのか。

ただ、長期政権のひずみも出てきているし、おごりも感じられるし、コロナ対策には不満がいっぱいあるし、世論調査で大多数が与党政権を支持しているのは信じられない。

ひっ迫している人達へ、もっと、がっと援助してほしい。医療関係者も、しっかりと支えてほしい。それらが見える形になれば、安心できるのに。

批判は必要だと思う。

私の場合選挙で政権が交代することまで望んではいないが、よくない部分は修正してほしい。

批判をすると必ず擁護する発言が出てくる。本来河原者であるはずの芸能人ですら、売れてる大手の人の多くは政権寄りだと思う。

たとえば、「GOTOは感染拡大の原因じゃない」という人がいる。

そんなこと言い切っていいのか。GOTOを停止した後も感染は減ってないからというのがその理由とされているが、GOTOだけが原因なのではないとしても、感染拡大へ与えた影響がどうなのかについては、もっとしっかりした調査が必要ではないのか。

政府に対する批判が多いことについて、「批判や攻撃はやめよう」という発言も、過去見られた。「心が広い」と褒められていたが、その人、攻撃されてる弱者のために発言したことはあったのだろうか。

批判しないのは、いいことではない。

批判は個人攻撃や人格攻撃ではない。

神でない以上誰にでも失敗や失策はあるのだから、それは批判するべきで、「他に任せる人がいない」という理由で失策を容認していては、世の中はいつまでたっても良くならない。

世の中がひっくり返るのを望んでいない以上、選挙のときは慎重にならざるを得ないが、せめて良くないときには支持率ががっと下がって、良くない部分を反省さしてほしいと思う。感情的になるのではなく、客観的に見て、これはまずいと思ったら、批判するべきだ。

私が恐れるのは、自民党が国民の期待を裏切り続けた場合、批判的な人々がどこへ行くのかということだ。

自民党でなくても、きちんとした受け皿があるのならいい。

しかし今現在それが見当たらないのである。

過去の歴史にあったように、世界のあちこちで今見られるように、アグレッシブな方向へと、つっ走る可能性もあると思う。

穏やかに、みんな幸せに暮らしたい。その方向へ、進みたい。