トマト丸 北へ!

本と映画、日々の雑感、そしてすべての気の弱い人たちへのエールを

病床の確保、医療体制の整備こそが安心への鍵

またまた予測した提言が出てきた。オリンピック反対論は、オリンピックそのものに対する反対ではなくて、政府のコロナ対策への不満から来ているのではないかという意見。

これこそ問題のすり替えだ。勝手に他人の意見の裏を読んであたかもそれが事実であるかのように言っている。政府のコロナ対策への不満からオリンピックに反対している人も確かにいるだろうと思う。しかしそれは何人? 何パーセント? 調べたわけではないだろう。つまり根拠のない憶測だ。根拠のない憶測を元にオリンピック反対の意見を封じ込めようとしている。

でもそれが悪いわけではない。意見を言うのは自由だし、みんなが意見を言うのは良いことだと思うからだ。私の意見などは単なる感想でお粗末なものだと自覚している。しかしオリンピック反対も反対の反対論も、あって当たり前だ。ただ、鵜呑みにはできないと思うだけだ。

私はテレビや新聞、ヤフーニュースなどマスコミの報道を見聞きして言ってるだけなので、ここで唯一の一次情報「私の感覚」を述べようと思う。

私は政府に不満はあるが、それはオリンピック反対へ結びつくほど大きいものではない。この前代未聞の事態に即して誰が奇跡のような結果を出せるだろう。日本という国の弱点が否応なしに露呈されてもいる。コロナの変異なども想定外のものではないだろうか。だから、誰がやってもあまりうまく行かないのではないかと、正直そう思うのだ。もちろん、もう少し積極的にやってほしいとか、要望したいことはあるが、だからと言って感情的に日本政府を否定するところまでは行っていない。みなさん、一生懸命やってくださっていると信じている。というか、色々とやってくださっていると思うので、「これこれやってます」ともっとアピールしたらどうかと思う。私の受けている印象だと「無策」という言葉しか無い。具体的にこれやってます、が無いことが社会不安の元凶の一つのような気がする。

私は特にオリンピックをしてほしいと願っているわけでもないが、オリンピックに反対なのでもない。みんながやりたいなら、やればいいと思う。ただ感染拡大と医療体制の不備への不安が大きいのだ。

選手団、関係者、報道陣など合わせるとどのくらいの人が来日するのか。その人たちの行動を制限することは可能なのか。空港での水際対策は今現在でもうまく行っていないのではないか。罰則もないのに監視人をつけてどうなる? 「行動の自由を奪うことはできない」と言っていたような気がするのだが、気のせいだろうか。「出歩かないでください」と言っても、スタスタ歩み去ってしまえば何も出来ないのではないかと思う。「ワクチン済んでます」「PCR陰性なんで」と言われれば引き下がるよりないのではないだろうか。まして外国人だと英語など外国語で「お願い」しなければならない。日本人に対してすら手ぬるい対応しかできないのに、異国語で異国人をコントロールできるのだろうか。高い交通費を払い危険を冒してはるばるやって来た日本で、ホテルと会場を往復するだけで我慢しなさいと言って、それが守られるとは私は思えない。百歩譲ってそれが出来たとしても宿泊施設の従業員や交通機関のスタッフ、五輪ボランティアとの接触は避けられない。PCR検査をして臨んだ豪華客船の旅で感染者が出たのは記憶に新しい。

感染については自己防衛するとしても、医療体制のひっ迫の心配は残る。「オリンピック関係者が優先されることはない」と言っている人もいたが、そうなのだろうか? 今現在ひっ迫しているという報道が事実なら、外国から大勢の人がやってきたらそのひっ迫が増大することは目に見えていると思うのだが。これは感情論ではなく、コロナと限らず家族や自分が治療や入院を必要としたときちゃんと医療を受けられるのか、その不安は現実的なものだ。オリンピックの意義の前には一人や二人の犠牲は止むを得ないと考える人もいるかもしれないが、その一人になったのではたまらない。

オリンピック、やるしかないのなら、せめて医療体制についてだけは安心させてほしい。具体的な対策を実行してほしい。

高齢者のワクチン接種が終わったとしても、それで良かった、安心とはいかない。むしろ高齢者は家にいれば良いわけだから、あまり関係ないとも言える。どうしても外に出て行かなくてはいけない働き盛りの人たち、エッセンシャルワーカーの人たち、私たちの子供や孫たちは大丈夫なのか。

どうしてもオリンピックをやらなければならないのなら、ほんとに感染対策と医療の充実を頑張ってほしいという言うのが私の素朴な願いだ。ちゃんと出来るというなら、ちゃんと説明してほしい。「安心、安全」という言葉だけでなく、具体的に話していただきたい。