トマト丸 北へ!

本と映画、日々の雑感、そしてすべての気の弱い人たちへのエールを

『伝わるちから』松浦弥太郎著(小学館文庫)はめっちゃ参考になる

 

 p23 「見つける」こと

 筆者が10代の終わりにサンフランシスコのフリーマーケットで出会ったヘンリーは、「誰も見向きもしないようなガラクタに、新しい価値を見出す才能に長けていた」。彼は言った。「僕の仕事は、自分の目と感覚だけを信じ、誰とも競うことのない宝探しをすること」

 こういう生き方にすごくあこがれる。「まだ誰も気づいていない美しさや魅力を見つけること。みんなが見ていないところから、すてきなものを見つけること。」そういうものを1つでも自分で見つけたい。自分の感覚と感動する力を頼りに、宝探しを楽しんで生きることができたらと思う。

p44 予定を決めない

 筆者の「旅」もすごく魅力的だ。一人旅であること、一人きりの時間をいつもと同じように過ごすこと、行きつけの店を作ること。こういう旅がしたい。

 思うに私は団体旅行には向かない。楽しくもない。そして団体なのに自分の時間を作ろうとして嫌われる。それなのに団体旅行になじもうとして苦しみぬいて来てしまった。誰も悪くない。団体に加わろうとしたことが間違っていたのだ。

p118 「おもてなし」とは、自分自身によるしあわせに対する積極的な生き方の表れそのもの

 ガツンと胸に響く。このことを忘れないでいよう。自分が幸せでいて、その幸せを他人と共有することが「おもてなし」なのだ。そうできるような生き方。

p136 やめずに、休憩を

 「まわりがどんなに自分を追い抜いていこうと気にせず休憩。あせらずあわてない」

 「絶対大丈夫と あきらめない」

 一息ついて、リラックス。そしてすぐに歩き出すのではなく、静かにしていて心の中に自然と浮かんでくること、それこそが行き詰った先へ行くための手がかりだと書かれている。

 つつかれ、追い立てられ、焦らされることの多い世の中。自分のための人生なら、あせらず慌てず、諦めないでマイペースで行こうと思う。