トマト丸 北へ!

本と映画、日々の雑感、そしてすべての気の弱い人たちへのエールを

「万引き」を疑われてる?

f:id:tomatomaru4gou:20210718123518j:plain

百均での出来事。男子店員が必要以上に私の手元を見ている。

さっさと会計を済ませて店を後にしたが、不快だ。

こういう場合、どうすればいい? しようがない。向こうが何か言ってくれば反論も出来るが、ただ変な視線を感じる、じろじろ見られるというだけでは文句はつけられない。見返そうとしても、視線はけっして合わせようとしない。

さっと会計を済ませて出たのだって、もしかすれば「店員の目を感じて犯行を思いとどまって逃げた」と思われる可能性もある。「何見てるんですか」と怒れば「後ろ暗いから逆切れしたな」と思われるかもしれない。「疑う」気持ちの前にはどんな反応も無駄だ。疑う気持ちが強まるだけ。

相手の気持ちはどうしようもない。そうなったら自分を防衛するために早くその場を去る、もう二度とそこを訪れない、という行動くらいしか選択肢はないのだ。

「いらっしゃいませ」と声をかけるのは万引き防止の意味もあるとどこかで読んだことがある。つまり小売店というのは基本、そういう姿勢でいるのだ。万引きの被害、ずいぶん多いらしい。

万引きの人にそれとなく声をかけて止めさせる、おかしな動きの人は監視する。これは店の自衛策としてアリだろう。

しかし問題は無実の場合だよね。

私も若いころは、さみしい夜道で後ろから歩いて来る男性を警戒したものだ。勝手に警戒された人は不快だったかもしれない。でも、万が一であっても警戒するに越したことはないのだ。

腹は煮えるけれど、仕方のないことかもしれない。必ずカゴを持つ、なるべくささっと買い物を済ませる、うろうろしない、などこちらも気を付けるしかないのかもしれない。