トマト丸 北へ!

本と映画、日々の雑感、そしてすべての気の弱い人たちへのエールを

『世界のニュースを日本人は何も知らない』を読んで英語をやろうと決意した(来月から)

 

 この谷本さんは、千葉敦子さんの匂いがする。なつかしく、過激だが、ジャーナリストとして信頼できる気がする。「何も知らない」というのはちょっと言い過ぎではないかと思われ、私でさえ知ってることもいくつかあったが、その他は目から鱗の話題が満載。それだけでなく、この人のスタンスは公平で、志ある書きぶりが信頼できると思った。

 この本の中から気になったところを3点。

①日本人はなぜ世界のニュースを知らないか、その理由。

 一つは閉鎖的な日本のメディアの問題。日本人は、すごく狭く選択されたニュースしか見聞きできていないということだ。

 一つは日本人が世界に興味を持っていないから。「自分の人生にシビアな目を持って向き合わず、危機感を抱くことない」日本人は、広い世界に目を向けることがない、と著者は言う。これ、すごくよく分かる。自分自身と向き合うことなく自分の周りの小さな世界の中でのヒエラルキーにのみ注目して、その狭い井の中での他人の目を生きる基準としていれば、外の広い世界のことなど現実ではなく絵空事に感じられてしまうのではないか。

②世界の政治で日本人の知らないこと。

 ()1 トランプ大統領の意外な評価 アメリカの中流階級中流からずり落ちることを非常に恐れている。脱落する人々がどんどん増えているのだ。トランプを支持する人々は「何も人種差別的で排外的というわけではなく、ただ自分たちの生活を守りたいというごく普通の願いを抱いているにすぎない」とある。『ノマド』を読んだとき、アメリカの現実に愕然としたが、たとえば高騰する家賃を払えず路上に出て過酷な肉体労働を強いられる高齢者たちやその予備軍の人たちが、「人道支援」などより自分にふさわしい仕事や老後の生活を望んだとしても当然ではないだろうか。

 ()2 アフリカのメディアを買収する中国、映画を通してソフトパワーを駆使するアメリカ、韓流ドラマの世界展開に尽力する韓国政府、など。日本人は、というか私はこれらのことを全然知らなかった。日本以外の国はとても戦略的に「世界」へ向かって歩を進めているのかもしれない。日本政府、だいじょうぶかよと思ってしまう。

 192ページ 「人間の感情に訴えかける映画や文学、音楽、絵画、デザイン、スピーチは、世の中を動かす力を持っています」という記述が印象に残った。

 また、メディアがお金によって動くことの恐ろしさも感じる。

 ()3 ()2と関連するが、「エモクラシー」(多くの人々の感情が政治的決定を左右すること)という言葉に注目した。「SNSによって多くの人がお互いの感情を共有する」現代において、感情は無視できないということ。トランプ大統領の出現やBrexitなどが、データやロジックや正義ではなく「人々がどう感じているか」が世の中を動かすという事例。

③日本の強み

 意外な親日国、日本の教育の強み。この2点は日本人があまり意識していない日本の強みだと言うが、確かに私たちはそれらの価値を十分に認識していないようだ。

 信頼性の高い日本車がボリビアなど南米の国々での日本に対する信頼を支えているそうだ。また、日本の義務教育で行われている基礎教育と大学入試の公正さのすばらしさも、あまり意識していないが大切なことだ、と言う。

①~③以外にも、「人種差別格差」「国際連合と町内会との共通点」など、興味深いトピックがたくさん。

この本を読んで英語を勉強しようと強く思った。もっと色々なことが知りたい。来月から始める新ルーティンは「毎日英語に触れる」にしよう。

『俳人風狂列伝』ー俳句にすがって生きる姿に心打たれた

 

 しかし、いちばん感動したのは、この著者のキャパシティー。なんという心の広い人なのだろう。「人を見る目」が冷徹でありながら寛大で、ありのままの姿をただ観るという姿勢を崩さない。

ときに援助の手を差し伸べたりもするが、べたべたと生活に入り込むことはせず、俳句の評価も同情によって左右されない。ほとんど資料のない、直接会っていない人のことも人脈を駆使してその実像に迫ろうとする。著者自身は床屋さんという実業についていたらしく、実直な人生を歩んでいたのだと思う。ともかく著者の誠実な文章、言動に敬愛の念を持ってしまう。しかし彼の中にも風狂の部分があり、そこが俳句を作らせ、この本に出てくる俳人たちを受け入れさせたのではないだろうか。

ここに出てくる人たちは皆すごい。貧乏とかそういうことだけではなく、世俗から脱落しているというか、人格が破綻している。世間のあらゆる基準からドロップアウトしている。私にはとうてい受け入れられない。

人格が破綻しているのはまだ何とか理解しようと努力することができるが、彼らの前時代的な女性蔑視、暴力、妻子や家庭を顧みないことは耐えがたい。私は恋愛は自由だと思うものだが、弱い立場の性を蹂躙する性的放縦さは許せない。

彼らの自分自身に対するケアの放棄というか、自分を痛めつける生き方も許容できない。「もっと自分をたいせつにしなよ」と膝に抱いて言ってあげる人がいれば良かったのにと思う。

だが、この本の読後感は嫌悪ではない。

残るのは、命のぎりぎりの所まで自分を追い詰めながら、なおも俳句にすがって生きようとする壮絶な姿への感動だ。すべてを手のうちから奪い取られても、最後まで俳句への妄執に取りつかれてそれを離さない姿に心打たれる。

俳句って、こういうものだったんだ。年金暮らしの老人の手すさびではなく、わずかな教養をひけらかす道具でもなく、群れるための場所でもない。風狂俳人たちのたどり着いた淋しい場所から世界を観ることなのではないだろうか。そんなことを考えた。

僭越でしかないと分かってはいるが、私も自分には最期まで俳句があると思っている。老いても、体力や身体の自由を失っても、物を観ることはできる。目が悪くなっても、記憶の中の物が見えるし。見ることは句を作ることだから。そう思えば、老いも怖くない。

すぐに相手をバカだなと思ってしまうのは良くないと自省した話

回転寿司屋さんでタブレットを使って注文していたら、それを店員が見ていて、「そのやり方では注文できない」と「親切に」注意してくれた。

私はその店を何度も利用しており、助言は必要なかった。何を注文するかを悩んでいるのであって、タブレットの使い方に苦慮している訳ではなかった。たぶん、バアサンが困っていると思って口を出してきたのだと思う。「いや大丈夫です」と言っても「強がってるバアサン扱い」に変わっただけで、上から目線で命令してくる。板前も注文の内容を繰り返し確認してくる。その全体が「タブレットを使えないバアサンを馬鹿にする」ニュアンスを含んだ態度だった。声が大きいので、少し離れた席の人まで笑いを含んでこちらを見ているという。「老いハラ」って、こういうことなんだなと思い知る。

思い出しても腹立たしい。「食べ物屋で口論しない」(どんな仕返しをされるか分からないから)というモットーがあるのでおとなしく寿司を食べて帰ったのだが、不愉快だった。もう二度とあの店には行かないぞ。

しかし気づいたことがある。

人はイヂワルされるよりバカにされる方が辛いのだ。親切にされてもその底にさげすむ気持ちがあったら、かえって腹立つものなのだ。自尊心を傷つけられると、弱い人は恨みに思い、強い人間は倍返ししてくる。

これで思い出すのはΚ子と一緒に旧街道を歩いて旅したときのことだ。始めはK子の言うとおりに歩いていたのだが、あまりにも道を間違えるのでだんだん口を出すようになった。殊に日暮れが近づいてきて寂しい道だったりすると「正解」を口にせずにはいられない。気の強いK子は反論する。言い合いになる。結果私が正しかったと判明する。この繰り返しにより、すっかり仲が悪くなってしまった。もともと性格の良い人ではなかったのか、居ないところで私の悪口を盛大に言い、仲間外れにするようになった。登山経験豊富な彼女に山に連れて行ってもらったりしていたのだが、私だけ誘われないようになってしまった。私としては無事に旅できるようがんばったつもりだったが、K子にとっては腹立たしいだけだったのだ。

老いハラ経験のおかげで、霧が晴れるようにその時の事情が明確になった。地図が読めないK子を、私は内心バカにしていたのではないだろうか。オブラートで包んだり、やわらかく言う技術もなかった。それよりも、完全的に私は偉そーで、正しさを前面に出して主張し、言い負かしていたのだ。で、倍返しされて痛い目に遭った。

人生でこのような目に、何度もあって来たような気がする。

思い起こせば高校の修学旅行のとき、ふらりと入ったラーメン屋さんで、突然「あんたはその口の利き方をなんとかしないと、そのうちひどい目に遭うよ」と言われたことがある。突然、だと自分では思っているが、たぶんその前段で何か生意気なことを言ったのだろう。

まだある。

知人とその知り合いの熟年男性と三人で話していて私がその場を去ろうとしたとき、その男が聞こえよがしに「おーい、この女誰か相手にしてやれよ!」と叫んだことがあった。まったく理不尽で失礼なのだが、その前段もある。彼が「お店を広げる」というか、しょぼい自慢話を繰り広げていたので、「バカだな」と思ってしまいそれが顔に出ていたのだと思う。ある程度言葉に出してしまったかも分からない。彼の叫びは傷ついた自尊心を回復するための叫びだったのだ。

似たようなこと、まだまだある。いろいろ思い起こすと、私の人間関係の困難の原因の幾分かは、この「内心他人を見下し」「自分の正しさを主張して相手を言い負かす」という性癖にあるに違いないと思われる。他人に対するスタンスが、あの回転すし屋の店員と似ているかも。

最近、松浦弥太郎著『伝わる力』を読んで心打たれたことがある。この本はイモトアヤコさん推薦の本で、とてもいい。(イモトアヤコさんの推薦は確かだ。彼女は才能や魅力にあふれたタレントであるだけではなく、本を読む人だ。)

その141ページに「先生を見つける」という項目がある。著者は幼いころから自分より数段優れている人を好きになる性癖があり、「いつも自分より優れている人を探していて、見つけると、すぐに興味を持って、好きになって、その人の傍から離れな」かったそうだ。しかし、大人になると、「一見普通に見えても、どんな人でも、自分よりも優れている、おもしろい才能が必ずある」ことに気づいたと言う。「何に一所懸命で、何が得意だったかというと、その人のいいところや、すごいところ、自分よりも優れている才能を見つけることだ」と書かれているのを読んで、諄々と諭されている気持ちになった。

ちょっとしたことで人を見切った気になり、自分より下に見るなどほんとに愚かな行為だ。自分はほんとに幼い奴だと思う。他人を「普通の人」と「偉い人」に分類して、劣等感を抱いたり、優越感を感じたり、下品だったなと思うのだ。それだけでなく、他人の自尊心を傷つけ、敵を作る行為でもある。

これからは同じ人間として、その人の優れている点に目を向ける対し方をしようと思った。「自分以外の人は皆、自分に何かを教えてくれる先生である」という松浦氏の大人のスタンスを真似て行きたい。それは自分を守ることにもつながるのかも知れない。

このことに気づいて良かった。今から直せるかわからないが、がんばってみたい。

「努力の及ばないことがある」などと当たり前のことを言って人の気を下げるのは止めてほしい

「なんでもトライしてみるのはいい。努力は報われるから。しかし、不可能なことはあるから、向いていないことは止めた方がいい。たとえば、80過ぎた人が今からオリンピックを目指すとか」というような意味の文章を読んで不快になった。

どこの年寄りがオリンピックを目指すだろう。

しかしもし目指したとしても、80代のオリンピックを企画するとか、若返りの薬を発明するとか、いろいろ夢のある方法が考えられると思う。せっかく何かしたいと思ってる人に対して「無理なことは止めた方がいい」と毒にも薬にもならない常識を得意そうに言っちゃってさ!

「天才は99パーセントの努力と1パーセントのひらめきだ」というエジソンの言葉を解説して、これは実は99パーセントの努力をしても1パーセントのひらめきがなければだめだという意味なのだと述べている文章を読んだ。

おまえはエジソンか? この世にエジソンは一人しかいない。あなただってエジソンではないでしょう。また、努力で及ばないことがあるにしても、別にエジソンにならなくても、自分のなりたいものへ向けて努力しただけでも全然いいんじゃないかと思う。頭で損得を判断して何もしないより、ずっといいでしょう。

そもそも「努力で及ばない」と理解するためには努力を積まなければならない。自分としては精いっぱい努力した後に、「ああ、努力ではどうにもならないんだな」と悟るのだと思う。

始めから向いていることをやったほうがいいとは言うが、向き不向きもいろいろやっての結果ではないのか。

また、向いているというのも、個人個人の中でのことだ。一流や天才になれる才能が誰にでも最低1つは備わっていると言うなら、それをやらないのは惜しい。でも、たいていの人は天才、ひとつも持ってないんじゃないだろうか。

一流や天才以外はだめってことなら、大部分の人は生きている意味がないことになるのではないか。

お笑いを目指す売れてない若者に、「ダウンタウンは最初から輝きがあった。今輝きがないのは才能がないってことだから止めたほうがいい」と言っていた芸人の人がいたが、明石家さんまダウンタウンになれなかったらダメってことなら、たいていの芸人はダメってことになる。彼らのの天才はなくても、そこそこ食べて行けてる人もいるでしょう。言ってる当人だって、加藤茶でもなければたけしでもないでしょう。心配しなくても、食べていけない日々が続いたら本人が次の一手を何か考えるだろう。そこで止めるという選択をしたとしても、始めから諦めるよりずっといいと思う。

ほんとに好きなことなら、向き不向きを考えずにやってみるのがいいと思う。頭で考えて天秤にかけて、リスクを回避して行動する先に楽しさはない気がする。

ていうか、向いてないことは止めようということになれば、私など生きることを止めなくちゃならない。何をやっても人に負けるし、幼稚園時代から人間関係は絶望的だし、ブスだし、性格も悪いし、頭も悪い。これと言って他人に勝ることが見当たらない。生きることに向いてないとしか言いようがない。それでも細々と命をつないでいる。一杯のコーヒーを美味しく飲むというような小さなことを楽しんで。あまり人に読まれないブログを書いたりして。

何かやろうと燃やしかけている小さな火にバシャッと水をぶっかけるなんて、粋じゃないね。

『心にエンジンがかかる50の小さな習慣』を読んで、「いちばん楽しむ人になろう」と思った。

 

 「まえがき」が良かった。

アメリカから億万長者が出るのは、アメリカがアイデアの国だからではありません。思いついたことは紙に書く。模型にする。人に言う。発想をすべて実行に移しているからです。 

「アイデアの盗用」なんて無いのだ。誰も思いついていないアイデアなどほとんど存在しない。実行に移す人が少ないのだ。 

イデアを実行するにはエネルギーが必要だ。それについても、いいことが書かれていた。

元気は手に入れるものではありません。それが出ていくのをおさえないことです。 

「悩んで立ち止まっていると波動は弱まる」ともある。

言い訳のようだが、私は「立ち止まる」ことをよしとされて育ってきた。親はとにかく私が行動することが怖かったらしい。幼い子供と横断歩道を渡る気分で、ずっといたのだ。ぎゅっと手を握って、絶対に駆け出したりしないように言い聞かせて。

もう親は何も言わないのに、自分で自分に「動くな」「許容範囲を越えたことをするな」と呪をかけ続け、虐められ体質なこともあって、エネルギーがめっちゃ減っているのだ。破れた鞴のように、どんなにがんばってもスカスカと空気が漏れ、力を溜めることができない。

だからもう、抑え込まないようにしようと思う。考える前にやる、というくらいで私はちょうどいい。熟考したところで、失敗するときは失敗するのだ。経験の極端に少ない人生を送ってきたので、成功体験も少ない。だからこそ、いろいろやってみるべきだし、実現したいことがまだたくさんあるから。

このブログも、書きたいことはみんな書こうと思う。ブログに書くことは、小さなことだが、私にとっては意味のあることだから。

もう一つ心に残ったことは、

社内で一番仕事を楽しんでいる社員になろう。 

先日、以前所属していた趣味のグループの人が用事で電話をかけてきた。相変わらずそつの無い電話ぶりだが、私は複雑な気持ちだった。例によってこの人も私にあまり親切でなかった、というより、自分の権力を守るために私を邪魔にしたのだ。私がそのグループを離れると言った時、一言も引き止めなかった。というか、満面の笑みをたたえていたっけ。

電話の言葉のはしばしから相変わらず元気そうで、そのグループの中心で、人気もあり、生き生きと活動していることが察せられた。

電話を受けてちょっとへこんだ。その直前までハイだった朝の気分がシューッとしぼむ。「ダイエットがもっと順調でやせることに成功していたら、本が出せていたら、仕事が順調だったら、もっと堂々と応対できたかもしれないけれど、だめなままの私だ」「その人に、私は何もかもかなわない。人気者になりたいとか、リーダー風を吹かしたいわけではない。でも、その趣味の領域での技量で負けているのが悔しい。」と、自分を幸せにしないネガティブな思考がその上から目線の伝達をきっかけに湧き出てきた。

中谷さんの文章のこの「社内」というのは「人生」「世の中」「ご近所」などと言い換えてもいいと思う。「その趣味の会」とも。目からうろこだ。権力や人気や技量を競っても自分が辛くなるだけだ。楽しくない。一人の人に勝ったとしても、必ずもっとすごい人が現れる。たとえその会でいちばんになれたとしても、外ではそうもいかないだろう。努力しても及ばない領域が世の中にはある。でも、「楽しむ」ことはできる。苦しい努力ではなく、自分が楽しいやり方をすればいいのだ。そうすれば、他人を気にすることもない。自分が心から楽しんでいるなら、傷つくこともなくなるだろう。いちばんタフな人間はいちばん楽しんでいる人間かも。

「いちばん楽しんでいる人になろう」この考え方、いいと思った。『珈琲いかがでしょう』のたこさんの「小粋でポップ」な生き方って、こういうことかも。

「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」って、論語にもあることを思い出した。

 

イワナガヒメ幻視行

散歩をしていると、小さな社に「ご祭神 イワナガヒメ」とあるのが目に入った。

f:id:tomatomaru4gou:20210605235256j:plain

その瞬間、イワナガヒメのイメージがスーッと私の中に入ってきた。

古事記に出てくるイワナガヒメは、醜女とされている。妹のコノハナサクヤヒメを見染て求婚したニニギノミコトに、父親のオオヤマツミノカミは「姉妹二人を差し上げます」と言い、二人をニニギノミコトのもとへ送った。ニニギノミコトイワナガヒメの容貌が気に入らず、送り返してしまう。オオヤマツミノカミは立腹し、「華やかな栄華と長寿の両方が叶えられるようにと二人をお送りしたのに、イワナガヒメを返すとは。これであなた様は神としての長寿を失い、人間としての短い命になってしまいました」と言う。

「ブスだから要らない」。ほんとうに幼稚な発想だ。理由も送り返した行為も無神経。天照大御神の孫で神武天皇の曽祖父という貴い血筋だけれど、性格はどうなのだろう。この男は、すぐに妊娠したコノハナサクヤヒメにも、絶対に言ってはいけない一言を言ってしまう。あまりにも早く子宝を授かったため妻を疑い、「俺の子じゃないんじゃね?」とか言ってしまうのだ。怒ったコノハナサクヤヒメは、産屋に火を放ち、炎に包まれて出産する。「正真正銘あなたの子なら、炎の中でも無事に生まれるでしょう」すごく気が強い女なのだ。この後の結婚生活が思いやられる。

それはともかく、私に入って来たイワナガヒメのイメージは、長身でほっそりとしたモデル体型。色は浅黒く、アーモンド形の大きな目、天然パーマのかかった鉄色の髪。つまり、スーパーモデルのようなカッコいい女だ。現代ならば。

一方コノハナサクヤヒメは、色白のポッチャリ型。切れ長の目、小さな口元。鳥毛立女屏風の感じだったのではないか。

どちらも美しいが、頭の固いニニギノミコトにはイワナガヒメの魅力が分からなかったのだ。

イワナガヒメはどうなっただろうと古代に思いを馳せる。九州の方には、彼女が稲作を行ったという伝説があるらしい。きっと、彼女の魅力を理解し愛してくれる働き者の男と生活を共にし、農民たちから敬愛されて一生を終えたのではないか。

こんなことを想像しながら、松林を歩いた。

小さな鉢でも土に触ると癒されれるね

f:id:tomatomaru4gou:20210604195620j:plain

左から、ハッピーちゃん、ラッキーちゃん、OKちゃん

OKちゃんの鉢、土の表面に白いカビが生えたので取り除き、新しい土を入れる。

ハッピーちゃんも少しかびてたので、その部分を捨てて土を入れた。水のあげ過ぎらしいので、これから気をつけねば。もっと日光にも当てよう。

ついでに気になっていたラッキーちゃんの子供を2つ、外して横に挿しておく。つくかな。楽しみ。

土をいじると、こんな小さな地面でも気持ちが落ち着く。午後嫌な電話が一本入って忘れようと努力してたのが、嘘のように消滅するトゲトゲ! 土って、すごいですね🌱

ラッキーちゃんの子供は独立したので、名前をつけました。玲奈とモコミチ。