トマト丸 北へ!

本と映画、日々の雑感、そしてすべての気の弱い人たちへのエールを

柳美里『JR上野駅公園口』 河出文庫

後書きがすごく参考になった。天皇制とホームレスの対比にまで私は考えが及ばなかった。 P55 光は照らすのではない。照らすものを見つけるだけだ。そして、自分が光に見つけられることはない。ずっと、暗闇のままだ。 ホームレスになっている人には東北から…

チェーホフ『ワーニャ伯父さん・三人姉妹』 光文社古典新訳文庫

「ワーニャ伯父さん」 大学教授の義理の兄(妹の夫)のために領地を管理してせっせと仕送りしてきたワーニャ伯父さん。教授の娘(つまりワーニャ伯父さんの姪)と共に教授に尽くす半生だった。 ワーニャ伯父さんの妹は亡くなり、教授は再婚した若いエレーナ…

山崎ナオコーラ『かわいい夫』 夏葉社

山崎ナオコーラと柳美里との出会いは私の「2021年の出会い」ベストテンに入る。 その山崎ナオコーラ著で装画が(あの懐かしい)みつはしちかこ というエッセイ集。 この作家は読者との距離の取り方が絶妙だ。ポーズが素敵、と言ってもいいかもしれない。文体…

泉鏡花『夜叉が池・天守物語』 岩波文庫

泉鏡花の戯曲。 「夜叉が池」 人里離れた山中で寄り添うように暮らす百合と晃。寺はとうの昔に焼失しているが今も残っている鐘楼があり、その鐘を朝夕晩の三度つくことをなりわいとしている。それは村を水害から守る竜神との約束のためだった。鐘をつかない…

マン『トニオ・クレーガー』浅井晶子訳 光文社古典新訳文庫

この小説を知ったのは、北杜夫さんの青春の書としてだった。そのとき「トニオ・クレーゲル」となっていたので、クレーガーとあるのがどうもしっくり来ない。翻訳だとどうしてもこういうことになる。『赤毛のアン』も、私のアンは昔の村岡花子さんの訳であっ…

和田秀樹『70歳が老化の分かれ道』詩想社新書

60歳以上はひとからげになってる本が多い中で「70歳」という年齢に着目して述べられているところが斬新な気がした。 今は老後が長いし、老年の間での格差も大きい。デビ夫人のような女性がいる反面私のように年相応、順調に老いの坂を下っている人も存在…

志賀直哉『万暦赤絵』 岩波文庫

自選による23篇の短編集。 久々の志賀直哉だ。卒論に書こうと思って全集を買ったくらい、一時は好きだった。 ほとんど読んでいるはずなのだが、ほとんど思い出せない。どこに惹かれたのかも今となっては定かではない。半世紀近く経っている。もう初めて読…

2021年12月のまとめ

本 18冊 ビデオ 8本 ブログ 9記事 応募 3 山手線WALK 1(御茶ノ水駅から) 体重 -1kg 気づき 自分を信じる、社会を信じる 確定的なものはこの世に1つもないという信念があって、自分や世界を信じないことがポリシーだった。年末のある日、突然…

夏井いつき『赤ペン 俳句教室』 朝日出版社

俳句の20冊の2冊目。 また夏井先生の本を読む。弟子でもないのに先生呼ばわりはおかしいかもしれないが、「著者」と書くのも違う気がするので。 P28 俳句の宿命は類想類句との闘い 前の本でも書いたけれど、意識してこれをやっていなかったなんて、ほんと…

夏井いつき『世界一わかりやすい 俳句の授業』PHP

行き詰まりかけている私の俳句人生を再スタートするために、困ったときは関連の本を20冊読むというポリシーに従って読み始めた俳句本20冊の1冊目。 「はじめに」にこうあった。 P3 俳句には、人を救う力がある。 起こってしまったことは仕方ない。転ん…

神田まつや天もり

久々の神田。まつやに直行だ。 丸の内線淡路町A1出口を出て右手に歩道橋を見たとき、こっちだなと直感した。方向音痴のアタシが忘れていた道を間違いなくたどり着く、そんな店である。 三十人くらいの行列。最後尾について10分後くらいに熟年女性の2人連…

期間限定「ひとり暮らし」で時間と向き合う暮らし

つれあいが一週間ほど留守。うれしい。 入院しているのだが、入院がうれしいわけではなく、一週間限定ではあるが、まったく一人になれたことがすごくうれしいのだ。コロナのせいもあり、実に何年かぶり。 朝起きて居間の暖房をかけて温めたり、コーヒーを淹…

中谷彰宏『なぜかHAPPYな女性の習慣』 だいわ文庫

3つの気づき。 ①1秒たてば、過去。 「スイッチを切るだけでいい」とある。 今しかないのだ。 この年になると時間がとても貴重に思える。なぜ今まで気づかなかったのかと不思議なくらいだ。嫌な奴と過ごす時間、そいつを思い出してる時間、そういうのもほん…

上沼恵美子さんの「別居婚」に学ぶ

上沼恵美子さんが大好き。その話芸は絶品だ。 同じことを何度話しても、上沼さんだとめっちゃ楽しい。おもしろい。NHKの土曜日の番組に出ておられたころは楽しみだった。実家が大阪城、というような壮大な自慢?話がほんとに楽しかった。話し方も好きだし、…

新庄「ビッグボス」、「そうですね」は要らない という教え。

新庄が若い選手に、インタビューのときの「そうですね」は要らないと教えたそうだ。 「いいことを言おうと思うな。感じたことを素直に言えばいいんだ」 この言葉を覚えておこうと思う。 11月のブログなどのUP数が少なかった理由がここにある。「いいことを…

遠藤周作『深い河』講談社

インドツアーの一行4人にまつわる物語。その中の一人美津子とその学生時代の友人大津が芯となって語られる。 癌で妻を失った磯部は、献身的だった妻を顧みなかったという後悔から、妻の最後の望み「転生して再び磯部に巡り合いたい。必ず探してほしい」を叶…

11月のまとめ

全般的に数字は良くないが、毎日はがんばった。 本 11冊 ビデオ 4本 ブログ 15記事 体重 1キロ増 改善できたこと 毎日のルーティンを、何があってもやり遂げる 家人たち(犬と夫)の健康増進 NHK俳句の佳作 1(久々の佳作! 岸本先生ありがとう!) …

オスカー・ワイルド『サロメ』 岩波文庫

分封ユダヤの王エロドは、兄の死後その妻だったエロディアスと結婚している。 予言者ヨナカーンはエロドを非難するが、王は予言者を恐れているので殺そうとはしない。 囚われのヨナカーンを恋して言い寄るエロディアスの連れ子サロメがこの戯曲の主人公だ。 …

西原理恵子『洗えば使える 泥名言』文芸春秋 (再読)

「やり逃げ人生」「ばっくれ人生」を座右の銘とする西原理恵子先生の味わい深い、偉人・成功者ではない人たちの名言集。 私はこの西原理恵子さんが大好き。友達になれるかはわからないけれど、書いたものを読んでも、テレビCMなどで見ても、可愛くてたまらな…

JR御茶ノ水駅から散歩 ⑴

御茶ノ水駅から湯島聖堂へ向かって歩いてみました。気が付いたのは、「湯島聖堂」と「湯島天神」とは別物だということ。田舎者なんで、知りませんでした。 上の写真は昌平坂。昌平坂も三つあり、一つは「相生坂(昌平坂)」となっていました。湯島聖堂を囲む…

『炉辺のこほろぎ』 ディケンズ作 本多顕彰訳

ジョン・ピアリビングルとメアリの夫婦の愛の物語。とても後味の良い話だ。 メアリのキャラクターがとても魅力的。明るく無邪気で疑うことを知らないかのようだ。彼女の賢さは他人を追い落としたり権力をふるうためのものではなくて、平凡な生活に命と愛を吹…

『夢で会いましょう』 村上春樹/糸井重里 講談社文庫

m; その象はとても素敵なハイヒールをはいて地下鉄に乗っていた。 I; 仮面というコトバは、世間からなくしたい。 急になくすと、へこみができるから、「おめん」とゆーものを代入してみようと 思う。 村上春樹と糸井重里がカタカナの言葉にエッセイや短文…

『クララとお日さま』 カズオ・イシグロ 早川書房 (ネタバレありです)

その辺の子どもよりうちの犬の方がテーブルマナーがいい。犬同伴のレストランでは、ほとんどの犬が静かに座っている中で騒いでいるのは人間の子どもたちであることが多い。性格だってある種の大人よりうちのマルのほうが穏やかで愛情深く、口数も少なく、可…

筑摩現代文学大系39「佐多稲子 林芙美子 集」

佐多稲子の作品は初めて読んだ。 『素足の娘』『灰色の午後』の2作品が収められている。 読後感は、体温が伝わってくる、だ。もっと言えば、隠蔽されたヰタ・セクスアリスのような感じだ。 年代的に性の話は率直にしないものだというのが染みついている。以…

『八月の光』 フォークナー 岩波文庫

リーナは寝室の窓から抜け出して男と会っていた。彼女の妊娠を知った男ルーカス・バーチは逃げ出す。しかし彼女は迎えに来るという男の言葉を信じていた。その迎えの知らせがないのは何か理由があるのだと解釈したリーナは行方も分からない男の後を追って、…

「アイリス・アプフェル 94歳のニューヨーカー」 2015年アメリカ ドキュメンタリー

ニューヨークに行きたい。これは千葉敦子さんの影響だ。フリーのジャーナリストだった千葉敦子さんは、乳がんを抱えてニューヨークへ移住した。人生が残り少ないと悟り、静かに療養する生活を選ぶのではなく、人生の新たなページを開き残りの一滴まで味わお…

『ヘンリー・ジェイムズ短編集』

『ヘンリー・ジェイムズ短編集』 大津栄一郎編訳 岩波文庫 「私的生活」 「私」は才能のない二流の人間。スイスのリゾートホテルで有名人たちと同宿となり、社交生活を楽しんでいる。メリフォント卿夫妻、文壇の大立者クレア・ヴォードレー、美人女優のブラ…

生き変わり死に変わりしないとわからないことがある

今週のお題「叫びたい!」 真子様と小室さんの結婚会見を観ていて、今まで思っていたことをまた思った。これはいじめだ。大勢の人たちが寄ってたかってこの二人を虐めている。 婚約会見以来の流れを、「壮大な恋愛劇場」と言っていたタレントがいるが、当人…

しびれるペンネームとセリフ回し 海音寺潮五郎

『堀部安兵衛』 海音寺潮五郎 鱒書房 剣豪新書 実家の姓の印が押されている古ーい本。父の蔵書だったものだ。 ワタクシの父は時代小説が好きだった。鱒書房、剣豪新書、なつかしい気がする。山手樹一郎が特に好きだった。「遠山の金さん」とか。講談本もたく…

10月のまとめ

体重 0.6㎏増 本 17冊 映画・ビデオ 5本 美術館 2 ブログup 16記事 応募 0 気分よく過ごした割には低調な成果かも。でもとても楽しかった。 10月のベスト本は山崎ナオコーラ著『かわいい夫』。良かったドラマは「ビッグリトルライズ season1」。ゴッホ展…